BLOG

新規事業を立ち上げる際に気をつけている事

2016/09/14

201609141717_1-300x0.jpg
最近JV(ジョイントベンチャー)事業としてクライアント様と新規事業を立ち上げる事が多いのですが、その際に気をつけている事をお話ししたいと思います。
新規事業を立ち上げる場合以下の点に気をつける必要があると思っています。

・やりたい事と求められている事は違うという認識をしておく
これはよく失敗しがちな例として、「やりたい」とか「自分はいいと思っている」という事に対して、「市場がそれを求めているか」の検証を行わない事が往々にしてあります。
もちろん、やる気とか自分が好きな事をやるとか、そういうのも大切だとは思いますが、そういう”気持ちだけ”で事業を立ち上げると、ほぼほぼ失敗します。

・今世の中にないサービスをローンチする事の難しさ
今世の中にないサービスや製品を開発して、それを商業ベースに乗せる事ができればこれは素晴らしい功績となりますが、とてつもなく難しい事です。
大手がこれをいとも簡単に行っているように見えるのは、十分なお金があるからです。
世間の認知が全くないところから、知ってもらい、購入してもらうまでには、時間とお金が必要になります。
大概の場合、認知度が上がるまでの時間と、プロモーションにかけるお金のバランスが合わずに途中で断念してしまいます。
当然、お金をかければ認知度向上は早いですから、時間は短縮できますが、お金は有限です。
また、そのバランスがうまく行ったとしても、そこをスタート地点として、今度は商品力が問われる事になるのですから、膨大な時間とコストがかかるのも納得がいきます。

・最も賢明な選択とは?
これらの問題を勘案した上で、ALLXが大切だと思っている事が、問題解決というプロセスから考える事をスタート地点とする、という事です。
一見遠回りな様ですが、ビジネスを成功させる上でのポイントとして、全くの新規ビジネスよりも現状のブラッシュアップというアプローチの方が再現性が高いという風に思います。
売り上げで伸び悩んだり、事業の将来性に憤りを感じる場合などは、全く別の何かをしなくてはならない、という風に考えがちですが、意外と答えは身近に落ちているものです。

今日は弊社が新規事業を立ち上げる際に気をつけている事についてお話ししました。
ALLXではJV事業として、現在、様々なクライアント様と新規事業を立ち上げています。
もうすぐリリース報告が出来そうなものもありますので、詳しくはまたブログをもってご報告させて頂きたく思います。
沢山のご縁に感謝です。

ALLX株式会社

”ALL is start from X“
Xは人と人との交わりを意味します。人と人とが出逢い、そしてシナジーが生まれる。これはビジネスでも同じです。これまでずっと続けてきた事、そしてこれから挑戦したい事。ビジネスを展開する上でこれからのビジョンは誰しも描いているものですが、出逢いから生まれるもの、可能性をALLXは追い求めています。