BLOG

知識は使わなければ真の実力とは言えない

2016/08/24

201608242222_1.jpg
知識は使わなければ真の実力とは言えない
人はリーダーとして任務を果たしながら、次第にリーダーになっていく。
「やればわかる」という考え方に立って研修しているのは、外科医やパイロットのように、うまくいかなければ死ぬかもしれない職業だけだろう。
医学実習生(レジデント)が外科手術の処置を覚える方法は「開いて、見て、やってみよ」が基本である。
人は行動する事で知識を学び、身に付ける。専門的な質問にどんな立派に答えられても、その知識を使わなければ、真の実力とは言えないのである。ージェフリー・ペッファー著(The Knowing Doing Gap変われる会社、変われない会社~知識と行動が矛盾する経営~)より

いきなりなんだ?って思われたかもしれませんが、昔買った本を今日久しぶりに読んでみると、買った時には何も感じなかった部分に感化されている自分に気がつきました。
2000年発行の本ですので、16年前の本になりますが、時代が変わっても色褪せない良書ってありますよね。
たまに読み返すようにしています。
この本をめちゃくちゃ大雑把に要約すると、知識を持っていてもそれを活かせない会社に未来はなく、実際に行動に移さなければその知識さえ何の意味も成さない。というような本です。かなりざっくりですが。笑

とにかくライトに作って世に問うてみる
弊社の主力事業として、ホームページの制作を行っておりますが、今までにホームページを制作した事の無い事業者様と対峙した時、この本の事をよく思い出すのです。
これからホームページの制作を通して変わろうとしている会社には、”とにかく試してみる”というこの本でいうところの最も重要な部分を見る事ができるような気がしています。
私がよく思う事なんですが、例えば何か新しい事業やサービスを思いついて、それを形にしようとした時、自分の思いとかこだわりとかってほとんど意味がなくて、一番大切なのは”とにかくライトに作って世に問うてみる”という事だと思っています。
結構な額を投資してガッツリ作ったwebサイトが泣かず飛ばずだったり、かと思えばあまり深く考えずにとりあえずβ版的にリリースしたものが結構評判良かったり。
結果から言うと、とにかく出せ、と。
完璧を求める必要はないと思っています。
自分が思っているほど人なんて自分の事見てやしない、くらいのテンションでいいと思うんです。
この時に重要になるのが、適当にやるという意味ではなくて、しっかり検証して、何がダメだったかとか、真面目に研究する事だと思います。

Time Is Money
"ホームページの必要性については理解しているけど、お金かかるしどうしようかな・・”って迷っている方がいれば、これは断言できます。
“その時間の方がよっぽどもったいない”
タイムイズマネー「時は金なり」。とにかくライトに。
必要なら必要、いらないものはいらない。シンプルに行動すれば答えに迷う事なんてなくなると思います。
そして”よし!ホームページ制作しよう!!”って思ったなら、是非弊社運営サービスのQuiipoで。笑
結局セールスかよ。って思ったそこのあなた!はい、そうです^^
さあ、迷わずチェックチェックー!!
http://quiipo.com/

ALLX株式会社

”ALL is start from X“
Xは人と人との交わりを意味します。人と人とが出逢い、そしてシナジーが生まれる。これはビジネスでも同じです。これまでずっと続けてきた事、そしてこれから挑戦したい事。ビジネスを展開する上でこれからのビジョンは誰しも描いているものですが、出逢いから生まれるもの、可能性をALLXは追い求めています。

Recent Post